施術の流れ

①カウンセリング

最初に、簡単に今回の症状について予見表に記入していただきます。記入していただいた予見表をもとに問診をしていきます。

  1. いつから症状があるのか?
  2. どの姿勢や動作で痛むのか?
  3. どの様な時に症状がでるのか?

問診をした後に、お身体の状態を診ていきます。

  1. 姿勢やバランス状態(歪み)
  2. 筋肉・関節の動き・硬さ
  3. 痛みのでる姿勢・動作
  • カウンセリングは整体の施術を行う上で、症状や身体の状態を把握するのに必要不可欠なものです。詳しく症状、生活習慣、身体の状態をお聞きしますのでご協力ください。

 

②筋肉のほぐし(筋肉の調整)

凝り固まった筋肉や動きの少なくなった関節にアプローチして、筋肉を緩めたり、関節の動きをつけて、筋肉や関節を調整していきます。

以下に紹介するのが一連の大まかな「ほぐし療法」の流れになります。

  • 症状やコースにより、順序が前後したり、ほぐさない箇所ががあります。

「ほぐし療法の内容」を詳しく見る

 

◆下半身のほぐし(太もも・ふくらはぎ)

太もも→ふくらはぎ→アキレス腱の順でほぐします。

手の平で包み込むようにじっくりほぐしていきます。症状によっては殿部や膝裏も緩めていきます。立ち仕事の方は常に脚の筋肉が緊張している状態です。デスクワークの方は太ももの裏側を椅子で圧迫しているので、血行が悪くなり、筋肉も緊張している状態です。太ももの筋肉が硬く張ってくると骨盤のバランスが崩れて、背骨のラインも崩れてくるので、腰や肩など上半身の症状、浮腫みや冷えなども出やすくなります。

 

◆上半身のほぐし(肩・背中・肩甲骨・腰)

肩→背中→腰の順でほぐします。

猫背の方は、肩甲骨付近や背中の筋肉が張って凝り固まっているので、血行が悪くなり、首や肩の症状が出やすくなります。肩甲骨が固まると、顔や肩が前方気味になり背中が丸くなるので呼吸も浅くなりがちです。凝り固まった肩や肩甲骨、背中、腰など、上半身の筋肉を肘や前腕を使い呼吸に合わせながらじっくりと深部まで筋肉を緩めていきます。

 

◆首のほぐし

首は非常にデリケートな部位です。細心の注意を払って筋肉の深部まで伝わるようにじっくりと筋肉を緩めていきます。首のほぐしは神経をリラックスさせる働きもあるので、あまりの気持ちよさに思わずウトウト眠ってしまう方もいらっしゃいます。

以上が一連のほぐしの流れになります。

必要に応じて、手・腕、脚の前面、足裏のほぐしも行います。

 

③骨格矯正(骨盤・背骨・四肢)

整体の矯正法は、皆さんがイメージする関節を鳴らすような方法、地球の重力(患者さんの体重)を利用した方法、筋肉に力を入れてもらう方法、筋肉を伸ばしながらする方法、器具を使う方法など、まだ他にも数多くあります。当院では関節を鳴らすような矯正はせず、お客様の身体への負担を最小限に抑えた矯正で整えています。

 

 

④各種運動療法

調整後に、全身の筋肉を気持ちよく伸ばします。身体のすみずみまで血行が良くなります。また必要に応じて、お客様の症状や状態、体力に合わせて簡単なエクササイズをして、身体の状態を整えたりもしていきます。

 

⑤施術後のアドバイス

お身体の状態について説明をします。症状を繰り返さない体質にしていく為に、正しい姿勢法やエクササイズなどのセルフケアの方法をお教えします。慢性的な症状の多くは、普段の生活での何気ない姿勢や癖が長年続いたことが影響している場合が多く、なかなか症状が緩和し難いこともあります。まずは、少しずつ生活習慣を見直して意識していくことも症状緩和には大切です。

 

 

 

※ご予約のお問い合わせはこちら

☎0285-37-7858

  • 受付時間:午前10時~12時、午後15時~20時(土日19時)
  • 当院は完全予約制です。
  • 当日でも予約枠が空いている場合は空いているお時間をご案内しています。
  • 予約は営業時間(受付時間内)で承っています