テニスと腕の痛み

テニスは、重いラケットを力強く握って振り回す動作をしますので、肩・腕・肘などへの負担が大きく、痛めてしまうことが多いようです。

特に、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、代表的な障害で、プレイヤーの30~50%が経験するといわれています。

サーブやオーバーヘッド・ストロークを打つときには肩への負担が大きく、バックハンドでは腰を強く捻ってボールを打つので腰への負担も大きくて腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

他の障害として、肩腱板損傷、関節唇断裂、変形性肘関節症、手関節痛、腰痛、膝関節痛などがあります。

 

予防法として

  • 全身の筋力強化とストレッチ体操を普段から実践し、身体の状態を整えておく。
  • 必ずスポーツ前には念入りなウォーミングアップをする。
  • オーバーワークにならないように気をつける。
  • しっかりとしたフォームなど正しい知識を身につける。
  • 適切な靴、用具、装備などを使用する。
  • 身体に怪我などがあるときは医師に適切な指導を受ける。
  • 症状が出たときは、無理をせずに適切な休養と処置を受ける。

スポーツ中に起きた痛みなどの症状は、身体の内部組織のダメージなどもありますので、一度、整形外科などで診察を受けて頂けると宜しいかと思います。整体では、スポーツ後のメンテナンス的な施術をしていますので、お気軽にご相談ください。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ