ゴルフと腰痛

ゴルフは、一方通行の同じ動き(体軸を捻る動作でのスウィング)ですので、身体が歪みやすいという面もあります。スウィングを繰り返すことで、体幹の筋肉の脊柱起立筋、広背筋、回旋筋、肋間筋などに負担が強く掛かりすぎて腰痛を引き起こしてしまうことが多いようです。また、片側を壁をつくるようなイメージで重心を掛けて踏ん張ってスウィングをするので、殿筋やハムストリングなどの下半身にも負担が掛かります。極度に強い負担が掛かり過ぎて疲労が蓄積され続けると肋骨骨折などが起きてしまうこともあります。

腰痛以外の症状としては、クラブを握って力強くスイングなどを繰り返しすることで、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、手関節痛、バネ指を発症してしまうこともあります。他に、プレー中の極度の緊張や疲労などで棘上筋や菱形筋に負担が掛かり肩こりなども起きることがあります。

予防法として

  • 普段から全身の筋力強化とストレッチ体操をして状態を整えておく。
  • 必ずスポーツ前には念入りなウォーミングアップをする。
  • 練習中、プレー中に、逆スウィングをしてみる。
  • しっかりとしたフォームなど正しい知識を身につける。
  • 身体に怪我などがあるときは医師に適切な指導を受ける。
  • 症状が出たときは、無理をせずに適切な休養と処置を受ける。

もし、ゴルフ中に痛めたり、怪我などをしてしまった場合は、身体の内部組織の損傷などのダメージがありますので、安易に自己判断せずに、整形外科などで診察を受けてください。整体では、主にメンテナンス的な施術を行っていますので、ご相談をいただけたらと思います。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ