首や肩の痛み(顔を下に向くとき)

顔を下に向いたときに首や肩が痛むような場合は、姿勢が悪く猫背気味で顔を前に突き出している姿勢をしている方や顎を前に突き出しているような姿勢をとっている方に起きやすい症状になります。

常に、首や肩の筋肉や僧帽筋などの背中の筋肉が緊張していることで、首こり、肩こり、背中の張りなどの症状が起きやすく、筋肉が疲労してガチガチに凝り固まっている状態ですので、顔を下に向くような姿勢をすると、凝り固まった筋肉が突っ張られて痛みを感じます。

以下の点を意識されると良いかと思います。

  • 常に正しい姿勢を意識する
  • 同じ姿勢を続けない
  • 気が付いたら首や肩まわりのストレッチをする
  • 適度に身体を動かすなど

整体の施術としては、このような症状の方は姿勢が崩れている傾向が多いので、ほぐし療法で全身の筋肉を緩めて、特に首や肩や背中の筋肉を整えていきます。骨盤矯正や肩や肩甲骨などを調整して身体のバランスを整え、首や肩への負担を少なくしていきます。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ