骨盤と肩甲骨の連動性

一見、骨盤と肩甲骨は何の関係も無いように思いますが、実は骨盤と肩甲骨は密接に関係があります。
骨盤の動きと連動して、左右の肩甲骨は開いたり閉じたりしています。骨盤が広がると左右の肩甲骨の間隔は広がり、骨盤が閉まると左右の肩甲骨の間隔は狭くなります。

例えば、骨盤を後傾(後ろに傾ける)した状態で椅子に座る⇒背中が丸くなる(姿勢が悪い)⇒骨盤が後傾して開く⇒(連動)⇒左右の肩甲骨も開く、という状態になります。
また、背中を丸くして上半身の姿勢を崩すと左右の肩甲骨の間隔が広がり骨盤が傾き開いてしまいます。

普段から肩甲骨の内側を軽く寄せて胸を張って姿勢を正すと骨盤が立って姿勢が良くなりますし、また、骨盤を意識して立てて生活をすることで、自然と肩甲骨の間隔が狭くなり姿勢が正されます。姿勢を良くすることで、肩こりや腰痛などの予防になったり、美しい姿勢が促され、筋肉の働きもよくなり、代謝アップやポッコリお腹の改善、O脚などにもなりにくいので美尻・美脚などの美しい体型にも期待ができます。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ