顔を上に向いたときに首や肩が痛む

顔を上に向いたときに首や肩が痛くなるという症状は、長時間の同じ姿勢や動作の繰り返しにより、首や肩の筋肉や僧帽筋などの背中の筋肉が疲労して凝り固まってしまうことで起きやすい症状です。常に、首こり、肩こりの症状が出ている方が多い傾向があります。

以下のような原因が考えられます。

  • 長時間のデスクワークをする方
  • 長時間のスマートフォン操作
  • 顔が下を向いて背中を丸くしての作業
  • 普段から姿勢が悪い(猫背)
  • 運津不足(筋力低下)など

予防には、以下の点を意識してみてください。

  • 正しい座り方で作業をする
  • 日頃から正しい姿勢を意識する
  • 長時間、同じ姿勢を続けない
  • 作業の合間にストレッチや体操を行う
  • 日頃から適度な運動をする

整体の施術としては、ほぐし療法で全身の筋肉を緩め、特に負担が掛かって凝り固まっている首や肩や肩甲骨付近の筋肉をじっくり緩めていきます。姿勢の崩れも原因であることが多いので、全体的に身体のバランスを整えて、首や肩への負担を少なくしていきます。

もし、痛みが徐々に強くなっている場合、首を動かしたときに強い痛みや痺れが出ている場合は、一度、医療機関を受診されてからご相談ください。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ