石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎は、40~50歳代の女性の方に多くみられ、突然、強烈な肩の痛みで腕を動かすことが出来なくなるといった症状で、痛みによる睡眠障害も起きてしまいます。
肩関節を支えている回旋腱板の腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が原因による肩の痛みと運動制限が起きます。

整形外科などの医療機関での治療法は、強い痛みを取るために、腱板に針を刺して沈着した石灰を破り石灰を吸引する方法、三角巾・アームスリングなどで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服薬、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤の滑液包内注射などを行います。痛みが強い場合は、手術で石灰を摘出する治療を行います。

整体には痛みが治まってからご相談をいただけると宜しいかと思います。痛みをかばうことで引き起こる姿勢の崩れや歪みの調整、痛みで肩を動かさないことで起こる筋肉や関節が硬くなってしまった状態を少しずつ筋肉を緩めたり、関節可動希を広げたりといった調整を行います。

四十肩や五十肩の症状にも似ていますが、ご自身での安易な診断はせずに、整形外科などの医療機関を受診されてからご相談ください。

shoulder01_fig0011

 

 

 

 

 

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ