お尻から太ももの後ろが怠くなる

来院されるお客様の症状の傾向としては、「お尻から太ももの後ろが怠くなる方」他に、「突っ張る感じや冷えるという方」もおります。長時間に渡り座ってる姿勢が多い方、デスクワークの方に起きやすいようです。

長時間に渡り椅子に座っていることで、殿筋(お尻の筋肉)やハムストリング(太ももの後ろの筋肉)が圧迫されて筋肉が固くなってしまうことで、突っ張りを感じたり、血液循環も悪くなるので、怠さや冷えや浮腫みといった症状が起きやすくなります。また、殿筋やハムストリングが硬くなると骨盤の状態が不安定になりやすく背骨のS字カーブが崩れることで、背部痛や腰痛などを引き起こすこともあります。

 

予防には、以下の方法をされると良いかと思います。

  • 正しい座り方を意識する
  • 同じ姿勢を長く続けない
  • 時々、椅子から立ったり、歩いたりする
  • 膝の屈伸運動
  • お尻や脚のストレッチをする

 

当整体院では、脚から上半身に向かって、じっくり全身の筋肉をほぐして、骨盤矯正など全身のバランスを整えて、身体の流れを促していく施術を行います。必要であれば正しい座り方、腰や脚のストレッチなどの運動療法のアドバイスも行います。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ