お尻や脚が痛む

お尻や脚の痛みは、腰やお尻の筋肉が疲労して硬くなっていることで神経を圧迫して痛みが出ている場合もありますが、もし、「痛みを伴う痺れが出ている」「お尻や脚の痛みと痺れで歩けない」などの場合は「腰部脊柱管狭窄症」や「腰椎椎間板ヘルニア」の可能性があります。腰の神経が何らかの原因で影響を受けている状態ですので、早めに整形外科などの医療機関を受診してください。

 

■腰部脊柱管狭窄症
脊椎の脊柱管というパイプ状の空間が狭くなることで、その中を通る神経が圧迫されて、腰痛や脚の痛みを伴う痺れなどが起こる病気です。原因は、加齢による骨の変形、脊柱管の後ろ側の靱帯が厚くなったり、腰椎の位置がずれる腰椎変性すべり症、椎間板ヘルニアが原因だといわれています。

【症状の特徴】

  • 太ももから脹脛や脛に掛けて痛み(痺れ)がある
  • 痛み(痺れ)は 歩いていると強くなり休むと楽になる
  • 長く立っていると痛み(痺れ)がある
  • 前屈や前屈み、座る姿勢は痛み(痺れ )が楽になる

 

 

■腰椎椎間板ヘルニア
腰椎(腰骨)の椎骨と椎骨の間のクッションの役割をする椎間円板が、強いストレスや何らかの原因で負担が掛かり、椎間円板の内部にある髄核というゼリー状の組織が突出して神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

【症状の特徴】

  • 腰痛から始まり、その後、お尻や脚に掛けて痛みを伴う痺れが生じます。
  • 前屈や前屈み、椅子に座る姿勢などで症状が強まるのが特徴です。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ