シンスプリント

【症状】
シンスプリントとは、「脛骨過労性骨膜炎」とも言われ、マラソンやジャンプを頻繁に行うスポーツをする方に見られます。ヒラメ筋(脹脛の筋肉)が硬くなり、骨に付着している骨膜が引っぱられて耐えられなくなると骨膜に炎症が起きて痛みが出てきます。脹脛の内側、真ん中より下寄りの部分が腫れたり痛みが出たりします。

809932

 

 

 

 

 

 

 

【原因】
ジャンプやランニングなどを繰り返すことによる疲労の蓄積、X脚、足の形の影響で脹脛の内側の筋肉を多く使うような動きの癖などにより起きることがあります。

 

【整体の施術】
影響している硬くなった脚の筋肉を緩めたり、骨盤、股関節、膝、足首、足の骨などをアプローチしてバランスを調整して、足に負荷として掛かる重心を整えて行きます。姿勢の崩れや全体的なバランスの崩れも影響している場合は全体的に身体のバランスを整えていきます。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ