足底腱膜炎

【症状】
足底腱膜炎は、「足底筋膜炎」とも言います。着地時あるいは直立時に起きる足裏の痛みが特徴です。足底腱膜は、アーチ状になっている足の「土踏まず」を支える働きと、足への衝撃を和らげるクッションの働きも担っています。
足裏のクッション機能が低下し、足底腱膜に過剰なストレスが加わることで、足底腱膜と骨の付着部で炎症が起き、足裏の踵と足の指の付け根までを伸びている足底腱膜が炎症を起こし痛みなどが出てきます。

814572

 

 

 

 

 

【原因】
足底腱膜へのストレス(オーバーユーズ・柔軟性低下・足底筋筋力低下・ハイアーチなど)で足部の関節の柔軟性が低下している場合が多くあります。マラソンなどのスポーツや長時間の立ち仕事などで、足の裏に負担をかけがちな人に多くみられます。スポーツをしない一般の人でも中高年には比較的多く生じます。
発症してからでは治りにくい傾向があり、圧痛が出ていたら要注意です。ほおっておくと踵骨棘ができてしまい外科的な処置が必要な場合もあります。

 

【整体の施術】
下腿の筋肉(下腿三頭筋、前脛骨筋、後脛骨筋など)を緩めたり、足関節(踵骨・立方骨・腓骨)や骨盤や股関節や膝にアプローチして足の加重のバランス調整したり、全体的なバランスの崩れなどが原因の場合は全体的に身体のバランスを整えていきます。

 

【足底腱膜炎の注意点】
足底腱膜炎なのか?安易な自己判断は禁物です。身体の奥に潜んでいる病気などが原因で痛みが出ている場合もありますので、まずは整形外科などの医療機関で詳しい検査を受けてください。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828
栃木県小山市神山2丁目10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ