常に働いている脊柱起立筋

脊柱起立筋は、脊柱(背骨)の両側を平行に走っている背中の筋肉の総称です。脊柱起立筋は固有背筋の中では最大で、外側から腸肋筋、最長筋、棘筋の3筋があります。深部の筋肉の棘筋は上体を反らすときや横に倒すときに働く筋肉で、背中側から背骨を支えて姿勢を維持する働きもしている筋肉です。

img009
 

 

 

 

 

 

 

私たち人間が直立二足歩行が可能なのも、椅子に座れるのも、普段の何気ない姿勢が保てるのも、しっかり脊柱起立筋が働いてくれているからです。脊柱起立は長時間の姿勢を保ったりと持久性に優れていますが、その反面、疲労が蓄積したり、機能が低下すると、姿勢が崩れて猫背になったりと、肩こりや腰痛の原因になってしまうこともあります。
人間は無意識に正しい姿勢や様々な姿勢を維持していますが、脊柱起立筋の筋肉にしてみれば、常に休む暇も無く働かされている状況なのです。時には筋肉をケアしたり、労ってあげると良いですよね。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ