ぽっこりお腹と腹横筋の関係

最近、体幹や骨盤周囲の筋肉などのインナーマッスルが注目をされています。その中でも「腹横筋」がよく取り上げられています

腹横筋は、左右の脇腹にあり、表面の筋肉から数えて3番目にある筋肉です。腹斜筋の下にあり、内臓全体をコルセットのように覆っている筋肉です。ここを鍛えることで体幹が安定し、お腹が引き締まるだけでなく、姿勢も良くなるので、肩こりや腰痛の予防にもなります。
腰椎の横からお腹の正面の腹直筋に繋がり、筋肉の繊維が横に走っているので、腹横筋が収縮するとお腹がキュッと締まるのでお腹がへこむのですが、腹横筋が弱いとダラリとしてしまうので、ぽっこりお腹になってしまいます。

1453805

 

 

 

 

 

 

 

 

腹横筋は、「細いジーンズをお腹を引っ込めてどうにかして履こうとするイメージ」で、簡単に日常生活の中でも鍛えることが出来ます。息を吐きながらお腹をへこませ、お腹をへこませた状態を30秒キープしながら普通に呼吸をすることを1日1回から始めて、少しずつ1日の内の回数を増やしたり、キープする時間を長くしたりしていると、お腹がキュッと締まった状態を普通にキープすることが出来るようになります。
座っていても、仰向けでも、歩いていても、家事のときでも意識をすれば簡単に出来ますので、まずは簡単なことから実践してみてください。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ