身体の歪みとO脚の関係

O脚の原因は、日常生活での姿勢(猫背)、座り方、歩き方、骨盤の歪み、運動不足(筋力低下)、筋肉のバランスなどが原因と考えられます。特に、骨盤を後ろに傾けて座る、座る時に脚を組む、脚を横に流して座る(お姉さん座り)、ぺちゃんこ座り(女の子座り)、正座、片足重心などの姿勢は影響が大きいです。

歪みの影響で、骨盤が前に傾いている人は重心が前のめりになり、反対に、猫背で骨盤が後ろに傾いている人は重心が後ろになってしまうので、倒れないように脚で踏ん張るようになります。人間の骨は筋肉によって支えられているので、脚に力が入り続けていると、その硬くなった筋肉が「関節」を引っ張り過ぎてしまい、脚のラインが崩れてしまいます。どちらが良い訳ではありませんが、極端に偏りが出過ぎていると、同じ筋肉ばかりが使われ、脚のラインが崩れやすくなってしまいます。O脚は上半身とも密接な関係がありますので、O脚が原因で、肩こり、腰痛、膝の痛み、脚の浮腫みや冷えなども起こる場合があります。

 


《ご予約・お問い合わせ》

小山市で整体院をお探しの方、お電話やメールでお気軽にご相談ください。

小山整体カイロプラクティックセンター
しらかし整体院
〒323-0828 栃木県小山市神山2-10-32

☎0285-37-7858

(完全予約制)

 

☆お問い合わせフォーム

>>メールでお問い合わせ