股関節の痛み

股関節は、身体の体重を支え、立ったり、歩いたりなどの動きを行っている関節です。股関節に何か障害があると動きが悪くなり、歩く、走る時などに痛みが出てしまい、普段の日常生活にも支障が出てしまいます。

股関節に障害がある場合で日常生活を快適に過ごすためには、股関節に負担をかけないようにしながら、股関節の周りの筋肉(腹筋・背筋・お尻の筋肉・太ももの筋肉など)を強化していくことも大切です。いくら負担をかけないと言っても「過度の安静」は筋力が低下してしまい、股関節への負担が増してしまうこともあります。

◆股関節が痛い

  • 股関節が痛むと、動きが悪くなり、動く範囲が狭くなってきます。その影響で重い物を持てない、長時間歩けない、階段の上り下りが辛い、靴下が履きにくいなど、日常生活への影響も大きくなります。
  • 最初の頃は重たい感じ、張った感じ、長く歩いた後の疲労感などが起こります。スポーツの後や動作の変化する時に感じることが多いです。股関節の他に、腰部、殿筋(お尻の筋肉)、大腿部(太ももの筋肉)、膝などに痛みを感じることもあります。

◆関節の動きが悪い

  • 症状が進むと、少しずつ股関節の動きが悪くなり、動く範囲が狭くなっていきます。股関節を曲げた時の角度が90°以下になると靴下の履いたり脱いだりの動作が困難になってしまいます。

◆痛みで脚を引きずる

  • 痛みが強くなったり、疲れてくると脚を引きずるようになります。これは、筋力低下や痛みから逃れようとするために起こると言われています。

他に、股関節の痛みには病気が原因であることもあります。変形性股関節症、大腿骨骨頭壊死症、関節リウマチによる股関節症、股関節炎、大腿骨頚部骨折、骨粗鬆症などです。

ただ単に、骨盤や身体の歪みが原因で股関節への負担が掛かっていて症状が出ている場合は整体の施術が可能です。それ以外の場合で、股関節の病気、長く症状が続いている、症状が増している、股関節の構造的なもの、先天的なもの、外傷性のものなどは、安易に自己判断はせず医療機関を受診された方が宜しいかと思います。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858