生理痛・生理不順

日常生活に支障をきたすほどの生理痛を「月経困難症」と言います。

月経困難症は「器質性月経困難症」「機能性月経困難症」は大きく2つのタイプに分かれます。

 

器質性月経困難症

  • 子宮や卵巣に何らかの病気が隠れているもの
  • 20代後半から多くなり、生理痛をはじめとする症状は、生理初日~3日目頃を過ぎてもつづき、生理期間以外にも痛みを生じることがある
  • 考えられる要因・・・子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫など

20~30代の若い女性の間で増えていて、子宮内膜症は10人に1人、子宮筋腫は5人に1人ともいわれています。これらの病気は治療することができるので、心当たりがある方は病院に相談してみましょう。

 

機能性月経困難症

  • 病気の要因はなく、体質や心理的なストレスが原因で起こると考えられているもの
  • 一般に思春期~20代前半に多い症状
  • 考えられる要因・・・子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」の分泌量が多い、子宮や卵巣が未成熟、冷え、ストレスなど

治療法

  • 薬物療法・・・低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬・鎮痛剤(NSAIDs)・漢方薬
  • 日常生活・・・使い捨てカイロでお腹や腰を温める、足浴・腰浴、体操など

 

月経前症候群(PMS)

生理前に頭痛、腹痛、腹部の張り、腰痛、乳房の張りと痛み、めまい、疲労感、イライラなどが起きる場合は、月経前症候群(PMS)という症状です。

月経前症候群(PMS)は、月経前の3~10日頃の時期に50~80%の女性に起こります。生理の開始と同時に症状が軽くなったり無くなったりする特徴があり、原因のひとつには月経周期中にエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変動するためと考えられています。20~30代に多くみられる症状になります。軽い生理痛なら、半身浴で身体を温める、血行をよくする食事を心がけるなど、実践できることがあります。

 

生理不順は、環境や体重減少などの急激な身体の変化でストレスが生じると、身体が「危機」と感じてしまうことで、生理周期が乱れたり止まったりすることです。
周期が24日以下か39日以上になってしまう原因として、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが考えられます。生理不順を感じたら、身体に無理がなかったか、生活環境や生活習慣を見つめ直すきっかけにしましょう。

 

性の身体はとてもデリケートです。代謝の悪い身体は症状を悪化させることがあります。 ストレスや疲労や老廃物を溜めずに流れの良い身体にしましょう。食生活、睡眠時間、身体を冷やしたり、身体へ大きな負担がなかったかを確認して問題があれば改善して、自分の身体をいたわってあげてください。

また身体のバランスを整えると代謝が改善されたり、姿勢や生活習慣なども見直すことで生理痛の軽減をしていきましょう。
当整体院では、身体の歪みやバランスを整えるだけでなく、正しい姿勢や生活習慣、ストレッチ等のアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858