お尻や脚の痺れ

歩いている時や椅子から立とうとした時などに、お尻や太ももに痛みや痺れがある場合は坐骨神経痛の可能性があります。

坐骨神経痛は、病名というよりも、坐骨神経に生じた痛みや痺れなどの総称のことです。坐骨神経は末梢神経のなかでも最大のもので、お尻から太もも、ふくらはぎへと繋がる長い神経です。
そのため痛みや痺れの出る場所も人によって様々で、多くみられるのがお尻から太ももの部分、人によっては膝裏やふくらはぎの部分に症状が出る人もいます。
原因も様々で、初期の頃には、座り仕事が多い、過度な運動、肉体労働、運動不足などでも起こることがあります。その他には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがあります。今まで座骨神経痛かと思っていたら梨状筋症候群だったという場合もあります。

それだけに症状が軽い内に自分の原因を確認して予防や対策をとることが大切です。あまりにも症状が長引いたり、一向に症状の緩和が無い場合は、安易に自己判断はせず、一度、医療機関を受診してください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858