脚のむくみ、冷え、怠さ

身体の中で、浮腫(むくみ)が起きやす所が脚です。それは心臓から遠い位置にあるからと言われています。心臓から遠いことで、血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分が溜まりやすいからです。立ち仕事の方、座り仕事の方、どちらにも多い症状で、同じ姿勢を長時間に渡り続けていることで、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞しやすくなるためです。 冷えなども血行が悪くなり冷えやすいと言われています。

脚の筋力が低下した場合にも、浮腫が起こりやすくなります。脚の筋肉(ふくらはぎ)は、血液を心臓に戻すポンプの役割をしているため、筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、血液中の水分が停滞しやすくなります。 こうした脚の浮腫の多くは、一時的のものが多く、翌日の朝に治まる程度なら、あまり心配はありません。

浮腫の中には、病気が原因で起きている場合があります。心臓や肝臓、腎臓などと様々なケースが考えられます。浮腫から身体の奥に潜んでいた重大な病気が発見されることもありますので、なかなか治らない場合は早めに医療機関を受診してください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858