椅子から立ち上がる時に腰が痛む

椅子に座っていて立ち上がるときに腰が痛む原因は、筋肉や関節の柔軟性が低下して硬くなってしまい動作に負担が出ている状態です。背中から腰の筋肉、臀部(お尻の筋肉)、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)、ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)が立ち上がる動作の役割としては大きく働きます。

普段から長時間座ることが多かったり、座っている時の姿勢は崩れていませんか?

椅子に座る時は背中を丸めて骨盤を後ろに傾けて(座骨と仙骨の3つの点で)座っていませんか?この様な姿勢を習慣的に続けていると、ハムストリングスが固まり柔軟性が低下してしまい骨盤の動きも硬くなるので腰への負担が強くなってしまいます。また、骨盤も歪んでしまうので背骨のラインも崩れてしまい更に腰への負担が大きくなります。

正しい椅子への座り方は、骨盤を立てて(座骨で座る)背もたれに密着させて座るようにする。膝の角度は90度です。現在使用している椅子や机の高さや背もたれの状態を確認して、必要であれば改善しましょう。背もたれに腰椎(腰骨)のS字カーブを保つことのできるクッションを使用するなど、色々と工夫してみましょう。

長時間椅子に座るような時は、1時間に1回は椅子から立ち上がったり、姿勢を変えたりして、腰への負担を緩和させてあげてください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858