長時間座っていると背中や腰が痛む

長時間座っていて腰が痛くなると症状を訴える多くの方は、長時間のデスクワークの方、車の運転をする方、日常生活で座ることが多い方などです。どのケースも腰に対する負担が強く、集中的に腰の筋肉にストレスを掛けて筋肉が緊張している状態です。

今現在の座っている姿勢はどうですか?崩れていませんか?

椅子に座る時は背中を丸めて骨盤を後ろに傾けて(座骨と仙骨の3つの点で)座らない。片側に重心を掛けない。脚を組まないようにする。この様な姿勢を習慣的に続けていると、骨盤が歪んでしまい背骨のラインも崩れてしまうので余計に腰への負担が大きくなります。

正しい椅子への座り方は、骨盤を立てて(座骨で座る)背もたれに密着させて座るようにする。膝の角度は90度です。現在使用している椅子や机の高さや背もたれの状態を確認して、必要であれば改善しましょう。背もたれに腰椎(腰骨)のS字カーブを保つことのできるクッションを使用するなど、色々と工夫してみましょう。

長時間椅子に座るような時は、1時間に1回は椅子から立ち上がったり、姿勢を変えたり、身体のリセットをして一極集中の負担を緩和させてあげてください。


当整体院では、正しい座り方の説明や簡単にできるストレッチもお教えしますのでお気軽にご相談ください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858