腕や手が痺れる

痺れに関しては、頭の中の病気(脳腫瘍や脳血管障害などの頭蓋内病変)などもありますので、安易に自己判断せずに、一度、専門の医療機関にご相談を頂けたらと思います。

おおまかな痺れの種類になります。

①一時的な痺れ

  • 朝起きた時、身体の下になっていた手が痺れた経験をしたことがあると思います。すぐに痺れが治まってしまう場合は、血行が一時的に悪くなったための痺れです。正座をした後に起きる痺れも同じです。

手根管症候群では、朝方に眼がさめたときにしびれや痛みが強くなりますので注意が必要です。手指を動かすと軽くなるのが特徴です。

②部位による痺れ

  • 母指(親指)・示指(人差し指)・中指と環指(薬指)の母指側半分の掌側(手の平)だけが痺れている場合は正中神経の障害と考えられ手根管症候群が疑われます。
  • 小指と環指(薬指)の小指側半分の掌背側が痺れたら、尺骨神経の障害で肘部管症候群が疑われます。
  • 母指(親指)・示指(人差し指)・中指の手の甲(手背)側が痺れて手首が背屈しにくくなったら、橈骨神経麻痺が疑われます。
  • 手背・前腕・上腕が痺れている場合や両手がしびれる場合は、頚椎(首の骨・椎間板)の疾患や胸郭出口症候群などが疑われます。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858