肩や腕の痛みで腕が上がらない 

年齢が40代以上でしたら、五十肩(肩関節周囲炎)の可能性があります。五十肩は筋肉ではなく、関節に問題が生じたことによっての症状で、通常の肩こり等とは異なり、主に肩の関節を動かすことで激しい痛みが生じます。「シャツを着たり脱いだりする動作」、「髪をくしでとかす動作」、「頭の後ろで髪を結う動作」、「腕を後ろにまわす動作」、「寝返りの動作」、「腕の重さだけでも痛い」などが特徴です。その痛みは、肩から腕にかけて感じることが多く、腕を上げようとしたり動かすような動作で痛みます。

五十肩の症状は、肩関節の老化に伴う炎症が主原因とされています。肩関節の骨格は肩甲骨、腕の骨がある上腕骨、鎖骨の3つで構成していまして、その周りを筋肉が支えています。五十肩の原因となる症状は肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩甲上腕関節と肩峰下関節に多く見られます。この肩甲上腕関節は肩のかみ合わせが浅いので、肩甲骨から上腕の上端部にかけて9つの筋肉群に支えられており、五十肩に関係が深いのが、小円筋、棘下筋、棘上筋などの筋肉です。

これらの筋肉は、大きな動きに伴う負担が繰り返し掛かっていますので、肩関節の老化が進むと、この筋肉が少しずつ硬くなっていきます。こうした老化と負担の影響は筋肉と骨の結合部分である腱に集中して現われ、腱の組織が疲労して弱くなり、少しの力が加わるだけで、傷ついて炎症を引き起こすのです。これが五十肩の始まりと言われています。

五十肩の発症には、老化に伴う組織の硬化や小円筋などの筋肉を主とする腱の炎症、さらに肩こりなどの原因も加わっているようです。組織の老化が始まると筋肉疲労がなかなか取れず、どんどんと蓄積されていきます。そうなると、肩こりと同じように血行が悪くなって、各部位に充分な酸素と栄養が行き届かなくなり、栄養失調に陥ります。弱った組織は、少しの動きをきっかけとして、激痛などの五十肩特有の症状を起こすのです。

  • 症状に関しては、初めての症状でも過去に同じ症状があった場合でも安易に自己判断はせず、一度医療機関での検査を受けてからご相談ください。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858