姿勢による負担

パソコンなどの長時間の同じ姿勢、デスクワーク、慢性的なうつむき姿勢(背中を丸くして顔を下向き姿勢)を長時間取ることにより頸椎の生理的彎曲(前彎)が失われてストレートネックになってしまいます。最近ではスマートフォンの普及でスマートフォンの使い過ぎによるストレートネックが増えていて「スマホ首」とも言われているようです。一般的にストレートネックの方は姿勢の悪さなどが影響して肩や肩甲骨周囲の筋肉が固く強張ってしまい、首や肩こり等の症状が出やすくなります。姿勢が悪いので背骨の生理的彎曲(S字カーブ)も崩れてしまい、骨盤など身体全体的に歪みが出ている状態ともいえます。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858

 

 

  • ストレートネックでも必ずしも症状が出るという訳ではありません。
  • 男性・女性ともに多く現れますが、最近は子供ともに増えてきています。
  • 初期の場合や症状が軽い場合は、首局所のマッサージやストレッチなどで症状が改善する場合もありますが、ストレートネックは首だけの問題ではないので、それらだけでは解決してくれないことが多くあります。より根本的な解決をはかるためには体全体の骨格から整えていくことが必要になります。