出産後の不調

当院にも出産後の腰痛、骨盤(恥骨や尾骶骨付近)に痛みが出てしまい来院される方が多くおります。妊娠をしますと胎児の成長とともにお腹が大きくなります。この為、身体が後ろに反りやすい姿勢になり、腰椎(腰の骨)の前彎のカーブが大きくなり、背中や腰の筋肉の負担が強くなり疲労してしまうことで腰痛が起きやすくなります。さらに体重増加や筋力低下での負担も原因にあるようです。また、妊娠中から出産後は、出産の時に恥骨を開き赤ちゃんが出てきやすくする為に、関節を緩めるホルモンが働いていますので、骨盤が歪みやすいこともあると言えます。

出産で骨盤が開き、その後閉じる時に、骨盤の関節の噛み合わせが正しい位置に戻らないと骨盤の関節運動に負担が掛かったりすることでも影響を受けやすくなり症状が出やすい状態にもなります。

その他に、育児での抱っこやおんぶ等での姿勢が原因で、常に身体に負担が掛かることで、肩や肩甲骨周囲や背中や腰などに疲れが蓄積されやすく、凝りや痛み等の症状が出やすいとも言えます。また、骨盤の歪み(前傾・後傾や開きなど)でウエストライン、ヒップラインからレッグラインの崩れ、身体全体の姿勢(ボディライン)の崩れも出やすいので、痛み等の症状や美容的な面でもお悩みの方が多いようです。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858