冷湿布と温湿布

来院されるお客様から「冷湿布」と「温湿布」では、どちらを貼った方がいいのか?とよく聞かれます。

基本的にはどちらでも良いのですが、

目安としては、急性の痛み(ギックリ腰など)には「冷湿布」などで冷やし、慢性の痛み(肩コリなど)には「温湿布」などで温めた方が良いでしょう。

 

「冷湿布」「温湿布」とも貼る事により心地よさで痛みを感覚的に和らげてくれます。

「心地よい」という感覚が「痛い」という感覚よりも速く脳に伝わるため、痛みをおさえて緩和させますので、湿布は貼って心地が良いと感じる方を選ぶとよいとも言えます。

肌が弱い方は湿布を貼ると「皮膚がかぶれる」という方もいますので注意してください。

※症状によっては安易に自己判断しない方が良い場合もありますので、判断できない場合は医療機関に相談しましょう!

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858