身体で冷やしてはいけないところ

12月になり寒くなってきました。昔から身体を冷やすから首と名の付くところは冷やしてはいけないと言われています。身体の中の「首」と名の付く部位ですが、「首・手首・足首・腰(くびれ)」これらの場所です。これらの場所は冷えやすく、首や手首や足首は血管が皮膚に近い場所あるので、気温の影響を受けやすく血液の温度が奪われやすく身体が冷えやすくなってしまうのです。
身体が冷えることによって免疫力が低下して風邪などの感染症を起こしたり、また、身体が冷えることで筋肉が硬くなり凝りなども起きやすくなります。凝りなどの原因は、身体が冷えるというのもありますが、寒いので背中が丸く縮こまるので姿勢が崩れることで負担が掛りやすくなるということもあります。

寒い時期は、マフラー、手袋、靴下、レッグウオーマー、腹巻などを使ったり、体操やストレッチなどをしたり、ショウガなどを活用した料理などで、身体を温めることで予防にもなります。