骨盤の歪み

最近、メディアなどでも取り上げられることが多い“骨盤の歪み”ですが、今回は骨盤の歪みについて簡単にお話したいと思います。当整体院にも「骨盤の歪みを診て欲しい」「骨盤の歪みを整えたい」「産後の骨盤調整を受けたい」と来院されるお客様が多いです。特に、女性のお客様は骨盤の歪みによるボディラインの崩れや美容的な面を気にされる方が多いようです。

まず、簡単に骨盤に付いて説明したいと思います。

骨盤は大きな3つの骨(中央の逆三角形の仙骨と左右の寛骨で形成され、その周囲は強靭な靭帯でしっかり覆われています。男性と女性とでは、女性の場合は骨盤が妊娠・出産に適合するために性差がみられます。可動性があるのは、仙骨と腸骨の関節で『仙腸関節』『恥骨結合』といわれる箇所だけです。骨盤の骨が広がったり、開いたり、大きくなって歪むのではなくて、これらの関節が数ミリ程度動くだけで、何センチも動くことは通常はありません(※下図を参照)

骨盤の開き・・・女性の場合、出産前後はホルモンの関係で骨盤が緩くなります。出産時に恥骨結合が押されて広がります。これが「出産後の骨盤の開き」と言われているものです。殆んどは自然と元の状態に治まってきますが、骨盤周囲の筋力が低下していたりすると元の状態に戻り難くなる場合があります。骨盤周囲に違和感がある場合は安定させる為に骨盤ベルトで固定すると良いでしょう。(当院に来院されるお客様の中にはベルトを巻く位置が間違っていたりしています)。あとは、妊娠中の姿勢などが原因で骨盤が後傾して開いてしまう場合などが考えられます。この様な場合は骨盤周囲や脚のラインが崩れていることも多く、他に肩や腰の不調でお悩みの方が多いようです。

骨盤の歪み・・・よく脚を組む、姿勢が悪い、生活習慣、癖、筋力低下(運動不足)等、骨盤のバランスが崩れてくると、左右の骨盤の高さ(ウエストライン)、ヒップラインの崩れ、脚の長さが変わってきます。多少の歪みでは何の影響もありませんが、少しずつ骨盤の歪みなどが影響して身体のバランス(ボディライン)が崩れて、肩や腰への負担が増えて痛みやコリが出ることがあるので注意が必要です!割合的には骨盤が後傾している方が多く、骨盤が後傾すると背骨のS字カーブが乱れて肩が内側に入り背中が丸くなって顎が前に出てしまう姿勢になり、いわるゆ猫背の状態になります。この様な姿勢が続くと首や肩、背中、腰への負担が強く、肩や腰などの症状を引き起こしやすくなります。

個人差はありますが、『骨盤の歪み』は骨盤周囲の筋肉を鍛えたり、ストレッチしたりすることでも、ある程度自分で整えることもできますが、整体等で骨盤矯正を受けながらエクササイズを並行して行うことで短期間で綺麗に骨盤を整えていくことが可能です。但し筋肉や関節の状態、歪みの状態には個人差がある為に施術効果や通院期間には個人差があります。