腰痛の原因

腰痛は、ちょっとした姿勢の変化でも腰に過度に負担が掛かる為に痛めてしまう場合があります。

  1. 椅子に浅く座った姿勢で背中を丸くして長時間のデスクワークをする
  2. 重い物を前屈みの姿勢で腕だけで持ち上げてしまう
  3. 普段から姿勢が悪い

など原因は色々とあります。

人間の背骨は横から見ると緩やかなS字カーブを描いており、内臓を保護したり上半身の姿勢を支える役割をしています。
前屈みの姿勢が続いたり、逆に身体が後ろに反り返るような姿勢が続くと、このS字カーブのバランスが崩れ腰痛が起きやすくなります。

腰痛予防の為にも、普段から長時間の同じ姿勢を避け、正しい姿勢を心掛けましょう。

※痛みが酷い場合は多少姿勢が悪くても痛みが緩和する姿勢をとる方がよい場合もあります。