天気と痛みの関係

雨の降る前、雨が降っている時、曇り、寒い時などに出る痛みや凝り、他に偏頭痛が出る方もいるようですが、天候によって起きたり酷くなる痛みを「天気痛」といいます。天候や時間から日単位での気温や気圧・湿度などの気象条件の変化による痛みに限らず症状の変化の引き金になる疾患を「気象病」ともいうそうです。これらはれっきとした学術用語で、研究が進められているとのことです。

 

【天気による痛みの原因】

気圧が下がると副交感神経が優勢になりローテンションになります。天気が悪いと身体が怠い、頭がボーっとするというのはこの働きが作用しています。最近、気圧が低下するとヒスタミンという物質が 増えることがわかりました。ヒスタミンは、外部からの刺激に反応して増え、アレルギーや炎症を起こすことで知られています。他に血圧を急低下させたりします。ヒスタミンは 交感神経をも刺激します。交感神経の作用で筋肉や関節周辺では血管を収縮させ、血行が悪くなり、疲労物質がたまることで痛みが出ます。さらに、痛いという感覚自体が交感神経を刺激して悪循環になります。 気圧の低下で基本的に副交感神経が優勢になりローテンションで気だるいところに、ヒスタミンの作用で交感神経への逆の指令も来るため、ヒスタミンと交感神経のダブルの作用で血行が悪くなり、痛みに対処できなくなるようです。

 

【天気痛の対策法】

天気痛の対策には、運動などで筋肉を適度に使い疲労物質になっているヒスタミンを筋肉から押し出すために血行を良くすることが大切です。ウォーキングなどの有酸素運動やストレッチをすることがお勧めです。他に、筋肉をほぐすなどのマッサージなどで循環を促したり、入浴なども効果的です。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858