暑さに強い身体

暑さに強い身体とは、汗をかきやすく、体温が上がりにくい身体です。最近の研究で、運動後に牛乳などのたんぱく質を含む飲み物を飲むとよいそうです。運動後にたんぱく質を摂ると、血液量が増え、汗をかきやすくなったり、皮膚血流の増加による熱放散をしやすくなったりして、体温が上がりにくい身体になるとのことです。少し速度の速いウォーキング(少しキツイと感じる運動)を30分した後に、牛乳200300ml飲むと効果的とのこと。(※週に34回の運動でも効果があると考えられています)

※牛乳でなくても、たんぱく質を含む飲み物には効果があると考えられています。
※暑い時間帯の運動は避けて行って下さい。
※身体に不安がある方は運動する前に医師の診断を受けて下さい。
※脂肪の摂り過ぎにはご注意下さい。