春バテ

寒い冬が終わり、暖かい春の季節が来ると気分もウキウキして、外にお出掛けしたくなりますよね。

でも、何かイライラしたり、不安感や倦怠感を感じることはありませんか?また、疲れやすい、疲れが抜けない、身体が冷えたり、浮腫んだり、凝りや頭痛、下痢や便秘の胃腸の不調、眠気が取れないなどを感じることはありませんか?

もしかしたら、その症状は“春バテ”かもしれません。

春は、年間を通して1日の寒暖差が大きい季節です。その寒暖差に身体がついていかずに、自律神経が乱れ、体調を崩しやすい季節でもあります。また、春は新生活が始まる季節でもあり、進学、転勤、職場内での異動など、慣れない環境の変化がストレスとなり体調を崩すこともあります。

春は、1日の寒暖差が大きいだけでなく、天気や気圧の変化が激しい季節です。

春バテは、様々な環境の変化に身体の対応が間に合わず、自律神経のバランスを崩したり、身体を冷やしてしまうことで、精神的なものや肉体的な不調を起こす引き金になってしまいます。

 

春バテの解消法として、「足元を温める」「長袖の上着を着る」「入浴は湯船に浸かる」「暖かいものを食べる」「軽い運動をする」「整体やマッサージを受ける」などがあります。

整体の施術は、自律神経の働きを整えたり、体調を整えたり、または予防的にも良い面があります。