ストレートネック

ストレートネックとは・・・

頸椎(首の骨)がまっすぐな状態(このことからストレートネックという名称がついています)、通常、頚椎は衝撃を吸収できるように前彎(首の骨は前方に緩やかなカーブを描いています)しています。しかしストレートネックの場合は頚椎の彎曲が損なわれてしまう為、負担が掛かりやすい構造になっている為に様々な症状を発症するようになります。代表的な症状としては首の痛み、肩コリや、手の痺れ、更には頭痛、自律神経失調症など、様々な症状を伴います。

 

パソコンなどの長時間の同じ姿勢、デスクワーク、運動不足(筋力低下)、慢性的なうつむき姿勢(背中を丸くして顔を下向き姿勢)を長時間取ることにより頸椎の生理的彎曲(前彎)が失われてストレートネックになってしまいます。最近ではスマートフォンの普及でスマートフォンの使い過ぎによるストレートネックが増えていて「スマホ首」とも言われているようです。一般的にストレートネックの方は姿勢の悪さなどが影響して肩甲骨が外側に開き肩甲骨や肩周囲の筋肉が固く強張ってしまい肩や肩甲骨の関節の可動範囲も少ない状態です。姿勢が悪いので背骨の生理的彎曲(S字カーブ)も崩れてしまい、骨盤など身体全体的に歪みが出ている状態ともいえます。

身体の歪みを正しい位置に調整することで身体のバランスが整い姿勢が改善されやすくなります。その事で首や肩への負担(ストレス)も軽くなります。いくら整体院で正しい姿勢・体操の指導、施術を受けても日頃の生活で姿勢が悪いままでは施術効果も半減してしてしまいます。まずは正しい姿勢を意識することが大切です。それと身体も動かすようにしましょう。

 

  • ストレートネックでも必ずしも症状が出るという訳ではありません。
  • 男性・女性ともに多く現れますが、最近は子供ともに増えてきています。
  • 初期の場合や症状が軽い場合は、首局所のマッサージやストレッチなどで症状が改善する場合もありますが、ストレートネックは首だけの問題ではないので、それらだけでは解決してくれないことが多くあります。より根本的な解決をはかるためには体全体の骨格から整えていくことが必要になります。