寒さによる肩こりや腰痛

気温が下がり寒くなってくる冬場に肩こり、腰痛など、コリや痛みの症状が多くなるといいます。

私たちの身体の全身には痛みなどの刺激を伝える末梢神経(知覚神経)が張り巡らされています。

身体の末端部へ伸びていく末梢神経は、身体の内部から筋肉の間を通って伸びていくものがあります。これを皮神経と呼ばれています。筋肉と筋肉の細い隙間を通るので、筋肉の状態によっては影響を受けやすくなってしまいます。私たちの身体は体温を一定に保とうとする働きがありますので外気温が下がると体温が下がらないように身体は筋肉を収縮させて体温を上げようと働きます。また、身体が冷えたり寒くなると、身体が丸く縮こまって緊張して姿勢も崩れがちになります。その影響で筋肉が固くなり、筋肉の細い隙間を通っている皮神経は挟まれて圧迫されてしまいます。寒さで筋肉が硬直し、間に挟まれた皮神経は圧迫され、傷つくこともあるようです。皮神経などの末梢神経(知覚神経)は、痛みなどの刺激を伝達しているので、それ自体に負担が掛かることから痛みなどの刺激が起こり、肩こり・腰痛を起こしやすくなります。

毎年、寒くなると、肩こり・腰痛・神経痛を感じる方は、寒さで筋肉が硬直し、末梢神経が圧迫されていることが原因で症状が起きていることが考えられます。寒いときは、首や肩や腰、手首、足首などを暖かくし冷やさないように気を付けましょう。日頃から適度な運動(筋トレ・ストレッチ)をして筋肉の柔軟性を保ち、正しい姿勢など意識して身体への負担を掛けないようにして筋肉を日頃から硬くしないようにすることも整体の面から言うと大切かと思います。