身体の凝りの原因

①仕事後は肩や腰が硬く重い

筋肉は使うと疲労して硬くなる性質があります。長時間ののデスクワーク、長時間の運転など、同じ姿勢や動作で凝りを感じることはありませんか?
筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。すると筋肉は硬くなり、凝りやだるさを感じるようになります。
同じ姿勢や動作を繰り返し続けたり、特定の筋肉ばかり繰り返し使い続けると凝りが起きやすくなります。

 

②血行も凝りに関係している

入浴や凝り固まった筋肉をほぐしたりすると、凝りが緩和することはありませんか?血液の流れが良くなると凝りなどの症状が緩和する。このような凝りの原因として血行不良も考えられます。
使い続けて疲労で硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血行を悪くしてしまいます。そうしますと筋肉中に発生した乳酸などの疲労物質が流れていかず、筋肉内に滞ってしまいます。また、筋肉に運搬される酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなり、負のスパイラルが起きてしまいます。ますます凝りを強く感じるようになります。

 

③凝る場所がいつも同じ

いつも同じ場所が凝る。そんな経験はありませんか?その様な凝りの原因には末梢神経のダメージが考えられます。
疲れて硬くなった筋肉や滞っている乳酸等の刺激によって、近くを通る末梢神経は圧迫されたり、ダメージを受けたりします。
末梢神経は、それ自体が痛みや痺れを脳に伝える神経であるため、圧迫されたりダメージを受けると、その場所がジーンとしたり、違和感が出たりします。そのような感覚が凝りや痛みとして感じられるのです。

※末梢神経は、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことです。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858