胚葉学(外胚葉型)

以前、こちらのコラムでも書きました胚葉学ですが、今回は外胚葉型の特徴について説明したいと思います。外胚葉型の方は、神経・脳・皮膚・毛髪などの発達が優位に働き、痩せている人に多いのが特徴です。

主な外胚葉型の特徴が以下になります。

①骨格が細く痩せていて筋肉が付き難い、体幹の筋力が弱いので姿勢が崩れやすい

②筋肉では遅筋繊維の割合が多く、持久力がある

③消化吸収の働きが悪く、お腹を下しやすい

④代謝が活発

⑤感受性が豊かな方が多い

⑥脳や神経系が発達しやすい為、芸術家や科学者に向いているとも云われている。

外胚葉型は俗的にハードゲイナーと呼ばれています。
※ハードゲイナーとは、筋トレ用語でよく使われますが、食べても太り難く、トレーニングをしても筋肉が付き難いタイプの人を言います。

食べても太り難いなんて、苦労をしてダイエットに励んでいる人達にすれば羨ましい限りです。ですが、あまりにも代謝が活発な為、通常の食事の内容では筋肉が太くなり難いので、ハードゲイナーの方達は効果を上げるための食事とトレーニング方法で努力をしているのも事実です。

>>小山市の整体院【しらかし整体院】TOP

 

 

 


 

栃木県小山市の整体院

〒323-0828 栃木県小山市神山2丁目10-32

 

☎0285-37-7858