寝違え

普段の姿勢が悪いことで首への負担が徐々に蓄積されることで起こる突発性の痛み、睡眠中に無理な姿勢をしていた為に朝起きると首が痛くて回らない痛み、ソファーで横になってテレビを見ていての痛み、他には痛みで腕が上がらない、痺れるなどの状況も「寝違え」といいます。

これは長時間、不自然に首へのストレスが続いて固定されたために起こるといわれています。

朝の起きがけに急に首を動かせなくなることが多いようです。
痛みが強い時は、無理に動かさず、患部を冷やして安静にして休みます。
寝違えを繰り返し起こす人は、首周囲の筋肉を鍛えることで予防に繋がります。
姿勢が悪い人は、整体で身体のバランスを整えることでも予防の意味では効果的です。

※痛みを頻繁に繰り返す、いつもの痛みと違う、痛みが日に日に増して緩和しない等の場合は、身体の奥に潜んでいる病気などが原因の場合もありますので、安易に自己判断せずに早めに医療機関を受診しましょう。