日射病と熱射病

日射病と熱射病は同じように思われがちのようです。

日射病は、夏の暑い日差しが照りつける中、帽子もかぶらず長い時間運動したり、激しい労働をするなどしてたくさんの汗をかき、身体の水分が足りなくなり、心臓へ戻ってくる血液が少なくなってしまった状態で、脱水症状の状態です。
熱射病は、高温環境の中で激しい運動をしたり、労働をした時に高い体温に身体が対処しきれなくなり、身体に熱がこもってしまう状態です。
いずれも暑い環境の中での運動、労働や作業をした時に起こるものと考えがちですが、寒い環境の中でも激しい運動や労働や作業をすることでも、大量の熱が発生したり、発汗することで脱水により起こることがあります。

日中の外出時は、日傘を差したり、つばの広い帽子(麦わら帽子など)をかぶるなど、なるべく日陰で風通しの良い場所を選んで過ごしましょう。また、十分な水分補給をしましょう。スポーツドリンクは、水と塩分を同時に補給できます。

※症状が落ち着いても、自己判断はせずに必ず医療機関で医師の診察を受けましょう。